〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

直接のご来院でも受診可能

MENU

高血圧、高脂血症、糖尿病なら
新川崎のうちやま南加瀬クリニックへ

Lifestyle-related Diseases

生活習慣病
Lifestyle-related Diseases

生活習慣病

生活習慣病とは生活習慣が深くかかわっていると考えられる病気の総称です。一般的には高血圧脂質異常症糖尿病高尿酸血症などを指します。かつては成人病と言われていましたが、若年者での発症が増えてきたこと、生活習慣の関与が明らかになってきたことより、1997年ころから生活習慣病と言われるようになりました。生活習慣病にかかることにより、動脈硬化が進行しやすくなり、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞といった動脈硬化性疾患のリスクが高まります。

メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)

内臓脂肪が増え、生活習慣病になりやすく、動脈硬化も進行しやすい状態です。2005年にはメタボリックシンドロームの診断基準が策定されました。日本では、ウエスト周囲径が男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が診断基準に該当すると、メタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドロームの診断基準

必須項目 (内臓脂肪蓄積)
ウエスト周囲径
男性 ≥ 85cm
女性 ≥ 90cm
内臓脂肪面積 男女ともに≥100cm2に相当
選択項目
3項目のうち
2項目以上
1. 高トリグリセリド血症 ≥ 150mg/dL
かつ/または  
低HDLコレステロール血症 < 40mg/dL
2. 収縮期(最大)血圧 ≥ 130mmHg
かつ/または  
拡張期(最小)血圧 ≥ 85mmHg
3. 空腹時高血糖 ≥ 110mg/dL

日本内科学会雑誌; 2005;94:188-203.より引用

高血圧

現在、日本には4300万人の高血圧の患者さんがいるといわれています。高血圧は脳卒中や心疾患の最大の危険因子です。近年、治療の進歩により、脳卒中や心筋梗塞での死亡率は大きく改善しましたが、いまだに脳心血管疾患は死因の多くを占めており、血圧の十分なコントロールが求められています。高血圧は収縮期血圧140㎜Hgまたは拡張期血圧90㎜Hg、または血圧を下げる薬を服用している方とされていますが、日本高血圧診療ガイドライン2019では血圧130-139/80-89㎜Hgの高値血圧の方、さらには血圧上昇に伴い脳心血管病リスクが上昇する120/80㎜Hg以上の方も血圧管理をするべきとしています。

白衣高血圧症、仮面高血圧症

白衣高血圧症はとは診察室で測定した血圧が高血圧であっても、診察室以外での血圧は正常である状態です。反対に仮面高血圧は診察室で測定した血圧が正常で、診察室以外での血圧は高血圧である状態です。家庭血圧は、診察室血圧よりも信頼性・再現性が高く、脳心血管病との関連も高いことが報告されており、日本高血圧診療ガイドライン2014より「診察室血圧と家庭血圧の間に査がある場合、家庭血圧による診断を優先する」と明記されました。

治療

高血圧の治療においては二次性高血圧の除外が必要です。二次性高血圧とは血圧が高くなっている原因となる病気が他に存在する高血圧のことです。高血圧の患者さんの85-90%は通常の本態性高血圧ですが、残りの10-15%は二次性高血圧です。二次性高血圧の患者さんは原因となる病気の治療をおこないます。本態性高血圧の患者さんには通常の高血圧の治療をおこないます。治療は生活習慣の改善と降圧薬による治療です。多くの高血圧の患者さんは生活習慣の改善だけでは目標とする血圧までさげることはできませんが、降圧薬の効果を高め、薬数、用量と減らすことができるので、降圧薬治療開始後も生活習慣の改善の重要性はかわりません。

脂質異常症

血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪が高い状態、あるいは善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低い状態のことをさします。かつては高脂血症といわれていましたが、善玉コレステロールが低い状態については正しく病態を表してはいないとされ、2007年より脂質異常症といつ診断名に変更されました。多くの場合、無症状ですが、動脈硬化の原因となり、脳梗塞や心筋梗塞などの命にかかわる発作や病気をおこすリスクが高くなります。

診断

空腹時(10時間以上の絶食)の血液検査により診断します。

LDLコレステロール 140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL 境界域高LDLコレステロール血症**
HDLコレステロール 40mg/dL未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド 150mg/dL以上 高トリグリセライド血症
Non-HDL
コレステロール
170mg/dL以上 高non-HDLコレステロール血症
150~169mg/dL 境界域高non-HDLコレステロール血症**

日本動脈硬化学会: 動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版: 23, 2017

治療

年齢、性別やその他のリスク因子(家族性高コレステロール血症、心筋梗塞・狭心症の既往、脳梗塞、糖尿病、腎臓病、メタボリックシンドローム、喫煙歴)などにより目標が設定されます。脳梗塞や心筋梗塞などは遺伝要因と過食、身体活動不足などの因子が関連し発症します。予防のためには、生活習慣の改善がまず重要です。それに加えて、脂質異常症治療薬による治療をおこないます。

糖尿病

からだの中でインスリンが不足し、血糖値が上昇する病気です。この高血糖の状態が長く続くことで血管に負担がかかり、障害を及ぼします。初期の段階ではほとんど自覚症状は見られませんが、血糖値を高いまま放置し続けると合併症が出現します。糖尿病の3大合併症は、神経障害、網膜症、腎症です。脳梗塞、心筋梗塞などおこすこともあるので注意が必要です。

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病にはインスリンをつくる膵臓の細胞が障害されることで起こる1型糖尿病と、遺伝や食べ過ぎ、運動不足、肥満などの生活習慣によりインスリンをつくる膵臓の働きが弱まったり、インスリンの働きを阻害する物質が体内にたまったりすることによって発症する2型糖尿病があります。糖尿病全体の約5%が1型糖尿病といわれています。

診断

①空腹時血糖値≧126mg/dl、②75g糖負荷試験2時間値≧200mg/dl、③随時血糖値≧200mg/dlのいずれかが、別の日に行った検査で2回以上確認できれば糖尿病と診断します。1回の検査だけの場合には糖尿病型とよびます。糖尿病型で①糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在、②HbA1c≧6.5%、③確実な糖尿病網膜症の存在のいずれかの条件が満たす場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断します。

※HbA1c・・・採血前1~2ヶ月間の血糖値の平均を表します。正常は5.5%以下です。

症状

2型糖尿病の場合、初期症状はほとんどありません。病状が進行すると喉が渇く、疲れやすくなる、体重が減るといった症状がみられます。さらに進行すると、網膜症(視力の低下や失明などを引き起こします)、腎症(腎不全などを引き起こし、血液透析が必要になることもあります。)や神経障害(手足のしびれなどの感覚障害を引き起こし、その結果足潰瘍や足壊疽となることもあります。)などの合併症をおこします。また、糖尿病は動脈硬化の原因となり、脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。1型糖尿病も上記のような症状が出ますが、多くの例で病状は急速に進行します。

治療

2型糖尿病ではまずは生活習慣の改善をおこないます。生活習慣の改善により、内臓脂肪型肥満が改善されると、インスリンの働きがよくなり、血糖値も改善します。生活習慣の改善のみで改善しないときには血糖値を下げる薬を内服します。内服の効果が十分にない2型糖尿病の方や1型糖尿病の方は注射剤でインスリンを投与するインスリン治療をおこないます。

痛風、高尿酸血症

高尿酸血症はそれ自体では自覚症状はなく、健康診断などで初めて指摘さえることがよくあります。尿酸の産生や代謝に関わる遺伝子の異常や食事、飲酒、運動などの生活習慣との関わりも関与します。高尿酸血症は尿酸値7.0mg/dl以上と定められています。

痛風は尿酸という物質が体の中に溜まり、激しい関節炎を引きおこすことです。尿酸値の高い状態が長い間続くと、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛みだします。多くの場合、痛み止めで改善しますが、繰り返し痛みがでたり、腎臓が悪くなったり、尿路結石ができたりします。また尿酸値を高いまま放置していると心筋梗塞や脳梗塞などにもなりやすいことがわかっています。

高尿酸血症の治療は生活習慣の是正、薬物治療により尿酸値をコントロールします。