〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

直接のご来院でも受診可能

MENU

便潜血陽性で大腸カメラなら
川崎市幸区うちやま南加瀬クリニック

Fecal occult blood

便潜血Fecal occult blood

健康診断、人間ドックやがん検診で、『便潜血検査陽性、要精密検査』と通知されたことがある方は少なくないと思います。ここでは便潜血検査について説明、陽性だった場合どうしたら良いのかをお伝えいたします。

便潜血検査とは?

便潜血検査とは?便潜血検査検体採取用の容器
一般的には大腸がん検診として用いられている検査です。専用の容器に、便を採取し提出します。便検体の中に血液が混じっているかどうかを判定しますが、肉眼では判定できない程度の血液を判定する目的の検査です。目に見えて血便が出ている場合には、必ず精密検査が必要となり、病態によっては緊急対応が必要となることもあるので、便潜血検査は不要です。

便潜血検査と大腸がん

便潜血検査と大腸がん典型的な大腸がんの写真。
じわじわ出血している。
便潜血検査は体に負担がかからず、費用が安価であるため、大腸がんの検診として用いられています。大腸に出血しているところがあれば、検査で陽性となります。大腸がんは便の通り道である、大腸のなかにがんができ、じわじわと出血するため、進行大腸がんの患者さんが便潜血検査を受けると90%程度の方が陽性になります。検査を2回(便を2日分提出)するのは、1回だと進行大腸がんの患者さんでも70%程度の陽性率と検査で見逃されてしまう方が増えてしまうからです。そのた便潜血検査は2回うけていただく2日法が標準的な検診となっています。

2回中、1回だけ陽性だった場合は?

便潜血検査は2回のうちどちらか1回でも便に少量でも血液が混じっていたら陽性と判定します。よく『もう1回検査をして陰性であればいいか?』と問い合わせをいただきますが、基本的には1回でも陽性と指摘された際は精密検査を受けることが推奨されています。追加で提出いただいた便では陰性であっても、陽性となった1回の血液の原因が大腸がんであることが否定しきれないからとされています。

便潜血陽性となったら?

陽性になった方には精密検査をお勧めいたします。大腸がんの精密検査としては大腸カメラ(大腸内視鏡検査)、注腸検査(バリウム検査)があります。現在では大腸カメラの方が精度も高く、一般的な検査となっています。便潜血検査は受けた方の7%程度の方が陽性になると報告されています。陽性の方が大腸カメラを受けると、3%程度の方に進行大腸がんが見つかります。
便潜血陽性と指摘され検査を受けても、多くの方は痔が見つかったり、あるいは大きめのポリープが見つかったり、中には何も異常が認められない方もいます。痔を患っている方は、便潜血検査でほぼ毎回陽性となります。『痔をもっているから精密検査は受けない』という方もよくいますが、痔があるからと検査を受けずに、進行するまで大腸がんが見つからなかったという方も中にはいますので、痔がある方にも精密検査をお勧めします。

便潜血陰性であれば?

大腸がん検診としては精密検査不要という判断になります。しかし前述の様に進行大腸がんの患者さんでも陽性になるかたは90%程度で陰性となる患者さんもいますし、早期大腸がんであれば、陽性率は50%程度で、実際、半分の患者さんは検査で陰性毎年便潜血検査陰性だったのに、初めて陽性となって検査を受けたときには、かなり進行した大腸がんが見つかってしまう患者さんもいます。家族に大腸がんの患者さんがいる方、腹痛、便が細い、便秘といった症状がある方、ポリープをとったことがある方などは便潜血検査陰性であっても、定期的な大腸カメラを受けることをお勧めいたします。

血便がでている場合には?

目に見えて血便がでている場合には便潜血検査は必ず陽性です。受ける必要はありません。血便がでる病気としては頻度が高いものとしては、大腸憩室出血、虚血性腸炎、感染性腸炎(O-157など病原性大腸菌によるものなどが含まれます)、潰瘍性大腸炎、痔そして大腸がんなどがあります。これらはもちろん、病気の経過や、その他の画像検査でだいたいの診断をすることができますが、なかには大腸がんを併発していることもありますので、目に見えて血便が出ている場合にもやはり大腸カメラをお勧めいたします。目に見えて血便が出ている場合には出血多量となり貧血が進行することもありますので、早急に医療機関を受診するようにしてください。ふらつき、息切れなどすでに貧血症状が出現している場合には救急対応をしてください。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)はつらいのか?

『大腸カメラの検査は楽しい検査です。』と言うとうそになると思います。検査前には2L程度の下剤を服用して胃腸を空にしてもらう必要があります。下剤がおいしいものではないは事実です。検査が恥ずかしいという声も耳にしますが、検査中は検査専用の使い捨てパンツを着用いただきます。また当院では検査前後に他の患者さんと接触ないように最大限の配慮をさせていただきます。検査自体も人によっては痛みを感じることもあります。当院では苦痛を軽減できる最新の内視鏡システムの導入、内視鏡専門医による苦痛の少ない検査、また希望のある方には鎮静・鎮痛剤を使用しできる限り苦痛のすくない大腸カメラ検査となるようにつとめております。
詳しくは大腸内視鏡検査のページをご覧ください。