〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

直接のご来院でも受診可能

MENU

内視鏡内科

Endoscopic internal medicine

内視鏡内科

当院では富士フイルム社のELUXEO7000電子内視鏡システム(2020年6月発売)を導入しています。胃カメラは鼻から、口からどちらからも検査することができます。大腸カメラも細径で、挿入時の苦痛を軽減する機能、拡大観察機能を搭載しています。どちらのカメラもハイビジョン画質で観察、撮影、記録することができます。また画像のわずかな色の違いを強調して表示する画像処理機能(Linked Coloer Imaging; LCI)と特殊光で粘膜の微細な血管や構造などを強調して表示すること(Blue LASER Imaging; BLI)も可能であり、小さな病変も見逃さない、よりよい検査をすることができます。

内視鏡検査はつらいのか?

「無痛」という文言をよくみかけますが、カメラが体に入ってくる検査であることから、全く苦痛がないというのは現実的に困難です。胃カメラがのどの奥に触れるとのどの反射により吐き気やおう吐がおこります。のどを麻酔することで反射をおさえて苦痛をやわらげます。しかし、のどの反射には個人差が大きく、それでも苦痛を感じることもよくあります。また、大腸カメラではカメラをいれる際に大腸が伸び、観察のときには大腸の中を広げるため、お腹が張ったり、痛くなったりします。

当院の内視鏡検査の特徴Features

苦痛を減らすために

鎮静薬(眠くなる薬)や鎮痛薬(痛み止めの薬)などを点滴し意識を低下させ、痛みを感じにくくした状態で検査をおこないます。血圧が下がったり、呼吸が弱くなったりすることがあるので、血圧計や指に体の中に酸素が十分あるか確認できるパルスオキシメーターを装着し全身管理をしていきます。検査終了後も薬が効いているため1~2時間は院内で休んでからお帰りいただきます。専用のリカバリーベッドを設けています。鎮静薬を使用する場合には検査当日の自動車、バイク、自転車の運転を控えていただきます。もちろん薬を使用せずに検査をすることも可能です。

最新の内視鏡設備

当院採用の内視鏡システムでは、ハイビジョン画質である以外に、検査にともなう苦痛を減らす工夫がされています。胃カメラは細いカメラで挿入時の鼻の痛みやのどの反射を軽減するために柔らかい設計になっています。大腸カメラも細く、柔らかく、富士フイルム社の「硬度調整機能」「高追従挿入部」「カーブトラッキング」機能の組みあわせにより従来のカメラよりも苦痛を感じにくくなっています。

おなかの張らない炭酸ガス

検査の際には胃や腸を膨らませてすみずみまで観察する必要があります。胃や腸に空気をいれると検査中、検査後に、おなかが張る不快感が続いてしまいます。富士フイルム社製の炭酸ガス送気装置(GW-100)を導入し、空気の代わりに炭酸ガスを使用しています。炭酸ガスは空気に比べて、体に吸収されやすく、検査中、検査後のおなかの張りを軽減することができます。

内視鏡専門医による検査

当院では消化器内視鏡専門医資格を有した、内視鏡検査、内視鏡治療経験とも豊富な消化器内科医が検査を担当いたします。検査結果についても検査画像を一緒にみていただき、丁寧でわかりやすい説明をおこないます。次回検査の適切なタイミングなどもご案内します。

日帰りポリープ切除

大腸ポリープをカメラで切除することで、大腸がんになるリスク、死亡するリスクを下げられることが報告されています。大腸カメラでポリープがあった際には、日帰りでのポリープ切除もおこなっています。しかし、ポリープ切除は術後に出血する偶発症が0ではありません。ポリープがたくさんある方、ポリープが大きい方、血が止まりにくい方は出血する危険が高いため入院でのポリープ切除が推奨されます。入院での切除が必要な方については、当院にてポリープの観察、診断をし、近隣の総合病院をご紹介させていただきます。

胃と大腸の同時内視鏡検査も可能

胃カメラで1日、大腸カメラで1日となると、なかなか時間をとることができない方も多くいるかと思います。当院では胃カメラ、大腸カメラを同じ日におこなうことができ、時間的な負担を軽減することができます。また鎮静薬、鎮痛薬の使用も1回分で済むため、薬を使うことのリスクも軽減できます。胃カメラ、大腸カメラをそれぞれ通常通り、続けておこなうので、検査の質が下がることや苦痛が増強することはありませんのでご安心ください。

徹底した衛生管理

日本消化器内視鏡学会のガイドラインを準拠し、内視鏡検査担当医、介助者は検査ごとに感染対策を徹底します。具体的には手指衛生、手袋・ガウンの交換、検査台の消毒をおこないます。また検査後は患者さん毎に内視鏡を手洗いと、専用の内視鏡洗浄機による洗浄・消毒をおこない、最高水準の衛生管理を実現します。

土曜日も内視鏡検査可能

平日、お仕事などで都合がつかない方も、土曜日に胃カメラ、大腸カメラをうけていただくことが可能です。いままで都合がつかず検査をうけることができなかった方も、是非、ご検討ください。