〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

予約がなく直接のご来院でも受診可能

MENU

大腸カメラ
(下部消化管内視鏡)

Endoscope

大腸カメラ

下部消化管内視鏡検査、よく「大腸カメラ」と言われている検査です。大腸カメラではカメラをおしりの穴から盲腸まで挿入し、カメラを抜きながら、結腸、直腸(結腸と直腸をあわせて大腸といいます)を観察し、病気の診断をおこないます。下記の病気の診断をおこなうことができますが、症状がない病気も多く、大腸カメラをしないと、わからないものが多くあります。
大腸カメラというと、「下剤が大変」、「痛い」、「なんだか恥ずかしい」といったイメージをお持ちの方が多いと思います。実際に下剤を服用して、大腸が空っぽにならないと検査はできません。大腸を空っぽにするほどの下剤なため、飲む量も多く、けっして飲みやすいものではありません。ですが近年、大腸がんの患者さんは増加しており、日本のがんの死亡率をみると、男性では第三位、女性では第一位となっています。少しでも気になる症状や検査結果異常がある方は積極的に受けることで早期発見につながっていきます。また当院ではプライバシーの配慮には最大限に努めて検査をおこなっていきます。検査中、大腸カメラではカメラをいれる際に大腸が伸び、観察のときには大腸の中を広げるため、お腹が張ったり、痛くなったります。しかし近年の内視鏡機材、技術は格段に進歩しており、従来に比べ痛みの少ない最新の内視鏡、おなかの張りを抑える炭酸ガス送気装置を完備し、経験豊富な内視鏡専門医が検査をおこなうことで苦痛も少なく、より精密な検査をおこないます。当院ではご希望のある方に、検査時鎮静薬を使用いたします。

大腸カメラでわかる病気Endoscope

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)

また組織の一部を採取したり、ポリープを切除したりできます。

このような症状がある方に検査をお勧めします

  • 排便時に出血、便に血が混じっている
  • 便潜血検査で陽性だった
  • おなかの調子が悪い(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通に異常がある(便秘、下痢、便が細い)
  • 食欲がない
  • 体重が減っている
  • 貧血がある
  • 過去に大腸ポリープを指摘された
  • 血縁者が大腸がんになった
  • 40歳以上の方で、いままで大腸内視鏡検査を受けたことがない
  • がんの治療経験がある

※ 妊娠中、妊娠の可能性がある方や授乳中の方は、検査を施行できない場合があります。事前にお申し出ください。

当院の大腸カメラの特徴Endoscope

当院では富士フイルム社のELUXEO7000電子内視鏡システム(2020年6月発売)を導入しています。大腸カメラは細径で拡大観察機能を有したカメラです。ハイビジョン画質で拡大観察も併用することで観察、撮影、記録することができ、小さな病変も見逃さず、よりよい診断をすることができます。富士フイルム社の「硬度調整機能」「高追従挿入部」「カーブトラッキング」機能の組みあわせにより従来のスコープよりも苦痛を感じにくくなっています。

予約Endoscope

大腸カメラは完全予約制になります。一度診察を受けていただき、内視鏡検査の適応がある場合には検査の予約をおとりします。胃カメラと違い、前日から前処置をおこなう必要があるため、当日の急な検査はおこなうことができません。

日帰りポリープ切除Endoscope

大腸ポリープをカメラで切除することで、大腸がんになるリスク、死亡するリスクを下げられることが報告されています。大腸カメラでポリープがあった際には、日帰りでのポリープ切除もおこなっています。しかし、ポリープ切除は術後に出血する偶発症が0ではありません。ポリープがたくさんある方、ポリープが大きい方、血が止まりにくい方は出血する危険が高いため入院でのポリープ切除が推奨されます。入院での切除が必要な方については、当院にてポリープの観察、診断をし、近隣の総合病院をご紹介させていただきます。

院内で下剤の服用も
できます
Endoscope

大腸カメラ前の下剤が苦手、心配という方は当院で下剤を服用することもできます。院内に大腸カメラ前の下剤を服用するための専用のスペースがあるので、ご希望の方はお申し出ください。

土曜日の内視鏡検査も受け付けておりますEndoscope

平日、お仕事などで都合がつかない方も、土曜日に大腸カメラをうけていただくことが可能です。いままで都合がつかず検査を受けることができなかった方も、是非、ご検討ください。

検査の流れEndoscope

1.検査予約
診察にお越しいただき、大腸カメラの予約をおとりいただきます。診察の際に、現在の症状やこれまでの病歴などを確認します。他院での検査結果やお薬手帳がある方は必ずお持ちください。(病状、全身状態や過去の検査歴から、クリニックでの日帰り検査が困難であると判断した場合には近隣の総合病院をご紹介させていただくこともあります。)
2.検査前日
大腸に便が残っていると検査がおこなえません。食事は便が残りにくい消化のよいもの(繊維質が少ない食事)にして、夕食は21時までにすませてください。飲水に制限はありませんので、積極的に水分摂取をして脱水に注意してください。アルコールは控えてください。いつものお薬は通常どおり内服してください。就寝前に当院から検査用に処方する下剤(センノシド錠など)を服用してください。

避けていただきたい食品

果物、茸類、海藻類、野菜、豆類、こんにゃく、玄米、ラーメン・そばなど繊維の多い食品や消化の悪い食品、アルコール・香辛料など刺激の強い食品

3.検査当日
朝食は食べないでください。水やお茶のみ飲水可能です(コーヒー、ジュース、牛乳など透明でないものは控えてください)。いつものお薬は事前の指示に従って内服してください。鎮静薬を使用される方は検査後、自転車、バイク、自動車などご自身での運転はできなくなるのでご注意ください。ご来院の際は楽な服装でお越しください。また、検査予約時間の15分前には来院してください。
4.検査前
自宅あるいはクリニックに来院していただき、腸管洗浄剤(下剤)を服用していただきます。自宅で服用していてうまく飲めない、便がでずに苦しいといった症状がある際には早めにクリニックへ連絡してください。検査前に改めて問診を確認します。鎮静薬をご希望の方は点滴をおこないます。大腸カメラは大腸が空っぽにならないと十分な検査をおこなうことができません。便がきれいになってない場合には、腸管洗浄剤(下剤)を追加させていただくこともあります。そのため、検査は便がきれいになった方からとなり、来院順あるいは予約時間どおりに始まらず、順番が前後することがありますのでご了承ください。
5.検査後
鎮静薬を使用した方は1~2時間は院内でお休みいただきます。検査後の説明をきいてからご帰宅となります。検査直後はおなかが張っていることもあります。検査後1時間以上たったら、少量の水分から再開してください。飲水再開後は食事可能ですが、検査中に生検し組織採取やポリープ切除をおこなった方は当日、刺激物やアルコールを控えてください。また激しい運動や入浴も控えていただきます。