〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬3丁目5番3号 トキワクリニックビル2階

予約がなく直接のご来院でも受診可能

MENU

胃カメラ
(上部消化管内視鏡)

Endoscope

胃カメラ

上部消化管内視鏡検査、よく「胃カメラ」と言われている検査です。胃カメラでは食道、胃、十二指腸の途中までを観察し、病気の診断をおこないます。下記の病気の診断をおこなうことができますが、言い方をかえると、胃カメラをしないとわからないものがほとんどです。
胃カメラというと、「痛い」、「苦しい」といったイメージをお持ちの方が多いと思います。実際にカメラがのどの奥に触れるとのどの反射により吐き気やおう吐がおこります。過去に辛くて苦しい胃カメラを体験された方もおられると思いますが、近年の内視鏡機材、技術は格段に進歩しており、苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。当院ではご希望のある方に、検査時鎮静薬を使用いたします。

胃カメラでわかる病気Endoscope

  • 食道がん
  • 胃がん
  • 十二指腸がん
  • 消化管間葉系腫瘍(GIST)
  • 消化管悪性リンパ腫
  • 逆流性食道炎
  • 胃潰瘍
  • 二指腸潰瘍
  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎(萎縮性胃炎)
  • 十二指腸炎
  • アニサキス症
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸ポリープ

このような症状がある方に検査をお勧めします

  • 胸焼けがある
  • 喉や胸のつかえ感がある
  • 胃やおなかが痛い
  • むかむか、もたれ感がある
  • ゲップがよくでる
  • 食欲がない
  • 体重が減っている
  • 貧血がある
  • タバコを吸う
  • お酒をよく飲む(すぐに赤くなる)
  • 胃炎を指摘されたことがある
  • がんの治療経験がある

※ 妊娠中、妊娠の可能性がある方や授乳中の方は、検査を施行できない場合があります。事前にお申し出ください。

当院の胃カメラの特徴Endoscope

富士フイルム社のELUXEO7000電子内視鏡システム(2020年6月発売)を導入しています。胃カメラは細径で鼻、口のどちらからも検査することができるカメラです。ハイビジョン画質で観察、撮影、記録することができ、小さな病変も見逃さず、よりよい診断をすることができます。精密検査、内視鏡治療が必要な病変がある際には近隣の総合病院をご案内させていただきます。

胃カメラの種類についてEndoscope

鼻からの胃カメラ(経鼻)

口ではなく鼻からカメラを挿入するので、舌の根元に当たらず吐き気は少なく済みます。細い内視鏡を使用するため、鼻の痛みはほとんどありません。鼻の痛みや、鼻血がでてしまう方は経口胃カメラを受けることを推奨します。

口からの胃カメラ(経口)

カメラを口から挿入するので、鼻の痛みや鼻血がでることはありません。細い内視鏡を使用するため、のどの反射も少なくおさえることができます。のどの反射がとても強く、吐き気やおう吐症状がでるかたは、経鼻胃カメラを推奨します。

予約Endoscope

胃カメラは原則予約制になります。一度診察を受けていただき、内視鏡検査の適応がある場合には検査の予約をおとりします。受診日当日の検査についても可能な限り対応いたしますが、その日の検査状況によってはお受けできないこともありますのでご了承ください。

ピロリ菌検査、治療Endoscope

現在、保険診療でピロリ菌の検査、治療をおこなうには、胃カメラで胃炎を確認することが必須となっています。検査の際に胃炎の所見があれば、検査、治療についてご相談させていただきます。過去のピロリ菌検査歴、治療歴について、お伝えください。

ピロリ菌除菌後の方へEndoscope

ピロリ菌除菌後の再感染は1%程度と報告されています。これにはピロリ菌の除菌後の効果判定で偽陰性(本当は感染があるのに検査で陰性にみえてしまうこと)であった方が、再検査で陽性と判定されている例が多く含まれており、除菌治療後に2度目の感染をおこしている例はほとんどいないと考えられています。しかし、ピロリ菌除菌後に胃がんと診断される方は少なくありません。胃がんの早期発見のためにも、ピロリ菌除菌後の方は年1回の胃カメラをうけることを強くおすすめします。

土曜日の胃カメラも受け付けておりますEndoscope

平日、お仕事などで都合がつかない方も、土曜日に胃カメラをうけていただくことが可能です。いままで都合がつかず検査を受けることができなかった方も、是非、ご検討ください。

胃カメラによる胃がん検診Endoscope

川崎市胃がん検診を受けていただくことが可能です。(当院では胃内視鏡検査のみの取り扱いです。胃部X線検査での胃がん検診はおこなうことはできません。)ただし、こちらは、予約の検査となりますので、お電話、Web、もしくは来院して胃カメラの予約をおとりください。詳細は予防接種、健診、検診の項目をご参照ください。

検査の流れEndoscope

1.検査予約
診察にお越しいただき、胃カメラの予約をおとりいただきます。(胃がん検診の方はお電話、Webでの予約も可能です。)
2.検査前日
夕食は21時までにすませてください。飲水に制限はありませんので、積極的に水分摂取をして脱水に注意してください。アルコールは控えてください。いつものお薬は通常どおり内服してください。
3.検査当日
朝食は食べないでください。検査の2時間前までは水やお茶のみ飲水可能です(コーヒー、ジュース、牛乳など透明でないものは控えてください)。いつものお薬は事前の指示に従って内服してください。鎮静薬を使用される方は検査後、自転車、バイク、自動車などご自身での運転はできなくなるのでご注意ください。ご来院の際は楽な服装でお越しください。また、検査予約時間の15分前には来院してください。
4.検査前
検査前に改めて問診を確認します。胃の泡を抑えて胃をきれいにする薬を飲んでいただきます。その後、鼻からの方は鼻に、口からの方は口にスプレーでのどの麻酔をします。鎮静薬をご希望の方は点滴をします。
5.検査後
鎮静薬を使用した方は1~2時間は院内でお休みいただきます。検査後の説明をきいてからご帰宅となります。のどの麻酔が切れるまでは、うまく飲み込むことができず、むせやすくなっています。検査後1時間以上たったら、少量の水分から再開してください。飲水再開後は食事可能ですが、検査中に生検し組織採取をおこなった方は当日、刺激物やアルコールを控えてください。また激しい運動や入浴も控えていただきます。